引き寄せの法則関連情報


2015年12月27日

引き寄せの法則 宝くじ当選者の体験談

「ザ・マジック」という本の中で紹介された
引き寄せの法則を実践して宝くじ当たった人の体験談を紹介します。

この成功者は「Numbers4」で当たったそうです。
まるっきり同じ番号を当てるのがストレート、
順不同でも使われている数字が同じなら当選なのがボックスとなっています。
この成功者はNumbers4のストレートを当てたそうです。

大切なのは4ケタの番号の決め方です。
自分の周囲にあるものの中からヒントを得て数字を選ぶといいそうです。
近所まで足を伸ばして目に止まったものからヒントを得て数字を決めるそうです。

この人の場合は、渋滞中に横から来た車を前に入れてあげたら、
お礼を言われてそれが嬉しくてその車のナンバーを4ケタの数字に決めたそうです。

もちろん1度で当選したわけではありません。
実際には20回くらい同じ数字を買い続けたそうです。
その間、外れたとしても、
「次まで持ち越す楽しみをくれたのね、ありがとう」とプラス思考にとらえていました。

さらに当選したときのイメージを具体的に持とうと、
壁に今必要な金額を書いて貼っておいたそうです。

宝くじが当選して喜んでいる顔をイメージして撮影をして、
その写真を電話の待ち受け画面にしておいたそうです。

このように、当選をイメージさせるものを普段から目につくところに置くことで、
引き寄せの法則が発動する環境を作りだすことができたのだと思います。

何回かはずれたからといって、
「またはずれた」というようなネガティブな思いを持っていては決して引き寄せることはできません。
常に当選して喜ぶ自分の姿をイメージして過ごすことが大切です。



posted by ヒキヨセマッセ at 21:24| Comment(0) | 引き寄せの法則体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月26日

結婚相手を引き寄せた体験談

いい出会いに恵まれず困っていた女性が
引き寄せの法則で、結婚相手に出会えたという成功談は数多くあります。

恋愛がうまくいかないと悪いイメージばかりが頭に残ってしまい、
引き寄せの法則が発動することはありません。

何もかもリセットして、頭をまっさらにして考えてみましょう。
自分が理想とする結婚相手に求める姿はどのようなものなのでしょうか。

実際に結婚相手を引き寄せることができた女性は、
理想の相手について細かくオーダーしてみたそうです。

理想のパートナー像をリストとして作成したのです。
相手の性格、仕事、ルックス、趣味、感性などについて具体的に好みを書きだしていきました。

さらに、自分が相手の前で自然体でいられること、
お互いを尊重して違う部分も受け入れることが出来るようにすることなど
自分が持つべき意識についても書きだしたそうです。

このようにオーダーしたら、相手に出会えない、いつで会えるのかと毎日不安を感じているのではなく、
いつか出会えると信じて、自分磨き、自分の時間をエンジョイすることに使ったそうです。

そしてリストを作成してから、約2年後に理想とする相手に巡り合って、
出会ってからわずか3ヶ月で結婚したそうです。

将来に不安を感じて毎日過ごすよりも、毎日を楽しみながら、
自分の理想と将来に対しての明るいイメージを持ち続けること。
これこそが運命の出会いを引き寄せることになるのです。

--->>> 「引き寄せの法則」おすすめ情報

posted by ヒキヨセマッセ at 19:34| Comment(0) | 引き寄せの法則 結婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

引き寄せの法則 芸能人の成功談

矢沢永吉さんは、無名時代から「金持ちになる」とか
「キャデラックでたばこ屋に乗りつける」」など公言してすべて実現しています。
常に思考と行動がぶれることなく、
YAZAWAとして君臨してきたスターが引き寄せの法則を見事に使いこなしている姿だと思います。

ナインティナインの矢部浩之さんは、高校の卒業文集に将来の自分の姿を書いていました。
そして、矢部さんは高校卒業後に吉本の養成所NSCに入っています。
文集の中で、お笑いの先輩、ダウンタウンの位置をいただき、
東京進出後にとんねるずの位置をいただく、次にたけしさん、欽ちゃんの位置をいただいて、
ナインティナインがお笑い界の帝王となると書かれていました。

歌手のaikoさんは、
デビューする前からミュージックステーションに自分が出た姿をイメージしていたそうです。
登場の仕方、階段の降り方、司会のタモリさんに質問される内容、
それに対する回答などについても考えていたそうです。

俳優の佐藤隆太さんは、
高校生のときに読んでいた大好きな漫画「ルーキーズ」を実写化して自分が川藤先生役をすると思って行動していたそうです。
原作者に売り込んだり、周囲に話したりして、自分の思いを実現しようと奔走していたそうです。

思考は習慣、悪いことを常に考えているよりも
良いことを常に考えて行動する癖をつけていたほうが、
たくさんの良いことを引き寄せることができると思います。





posted by ヒキヨセマッセ at 00:10| Comment(0) | 引き寄せの法則体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
引き寄せの法則」の先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。