引き寄せの法則関連情報


2015年12月29日

引き寄せの法則 スポーツ選手の体験談

スポーツ選手で引き寄せの法則によって成功した人がたくさんいます。
理想像をはっきりさせることで、なりたい選手をイメージしやすく、
その姿にむかって練習を重ねるという努力の仕方があるからだと思います。

野球、サッカー、ゴルフで成功した一流選手を紹介します。

プロ野球選手のイチロー選手

イチロー選手は小学校の卒業文集にプロ野球選手になるということ、
そのためにはたくさん練習をして、中学高校と全国大会で活躍すること、誰にも負けず一番になること、
中日か西武の球団に入って一億円以上の年棒をもらうことが書かれています。
しっかりとした道筋が出来上がっています。
日頃からこうした思いを持ち続け、さらに公の場にこうして発表して形として残すことで、
さらに引き寄せの法則が発動しやすい状況となっています。

サッカー選手の本田圭佑選手

本田圭佑選手も小学校の卒業文集に具体的に将来の自分の姿を書き、
現在その通りの選手になっています。
世界一のサッカー選手になるために、世界一の練習をすること。
一流選手になってセリエAへ入団して、10番で活躍すること、40億円以上もらうこと、
プーマーなどのメーカーと契約をしてスパイクなどを作ってみんなにそれを履いてほしいこと。
ワールドカップに出場して10番を身につけてブラジルに2-1で勝つこと。
小学校6年生の時点でここまで具体的に書けるのはすごいことです。
引き寄せの法則でもっとも効果的な言葉遣いの「なる」という強い思いを込めた言葉を使っています。

プロゴルファーの石川遼選手

石川遼選手も小学校の卒業文集に具体的に数年後の自分の姿を書いています。
2年後には日本アマの大会へ出場、3年後には日本アマでベスト8、4年後には日本アマ優勝、
6年後には日本一のビッグトーナメントの日本オープンで優勝することなど
かなり具体的に書いています。

若いスポーツ選手の皆さんの参考になれば幸いです。



posted by ヒキヨセマッセ at 19:56| Comment(0) | 引き寄せの法則体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

引き寄せの法則」の先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。