引き寄せの法則関連情報


2015年12月26日

引き寄せの法則 芸能人の成功談

矢沢永吉さんは、無名時代から「金持ちになる」とか
「キャデラックでたばこ屋に乗りつける」」など公言してすべて実現しています。
常に思考と行動がぶれることなく、
YAZAWAとして君臨してきたスターが引き寄せの法則を見事に使いこなしている姿だと思います。

ナインティナインの矢部浩之さんは、高校の卒業文集に将来の自分の姿を書いていました。
そして、矢部さんは高校卒業後に吉本の養成所NSCに入っています。
文集の中で、お笑いの先輩、ダウンタウンの位置をいただき、
東京進出後にとんねるずの位置をいただく、次にたけしさん、欽ちゃんの位置をいただいて、
ナインティナインがお笑い界の帝王となると書かれていました。

歌手のaikoさんは、
デビューする前からミュージックステーションに自分が出た姿をイメージしていたそうです。
登場の仕方、階段の降り方、司会のタモリさんに質問される内容、
それに対する回答などについても考えていたそうです。

俳優の佐藤隆太さんは、
高校生のときに読んでいた大好きな漫画「ルーキーズ」を実写化して自分が川藤先生役をすると思って行動していたそうです。
原作者に売り込んだり、周囲に話したりして、自分の思いを実現しようと奔走していたそうです。

思考は習慣、悪いことを常に考えているよりも
良いことを常に考えて行動する癖をつけていたほうが、
たくさんの良いことを引き寄せることができると思います。





posted by ヒキヨセマッセ at 00:10| Comment(0) | 引き寄せの法則体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

引き寄せの法則」の先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。