引き寄せの法則関連情報


2016年01月10日

引き寄せの法則 ドリームリスト

自分がこうなりたいという夢、目標、願望などを頭でイメージするだけではなく、
具体的に紙に書き出してみましょう。

これは「ドリームリスト」と呼ばれ、具体的に書き示すことで潜在意識に大きく影響を与え、
引き寄せの法則を発動しやすくなります。

自分が出来ることに上限を設けないで、自分には無限の才能があって、
知識もあって、お金もあって、人脈も幅広いと仮定してみて考えるようにします。

ドリームリストには最低でも100個は、夢や目標などを書きだしましょう。
考えている間も、想像力が刺激されて脳へも伝わっていると思います。

このとき大切なことは、自分にはすばらしい才能と無限の能力があると思って作成することです。
潜在意識の中で自ら定めている自分の上限を取り去ることが出来ます。

ワクワクと楽しみながらドリームリストを作成することで、
潜在意識で自分が決めつけてしまっている限界を取り払って、
出来ないと決めつけてしまっていたことが出来るようになります。

ドリームリストを作成する際の注意点を紹介します。

「〜したい」という表現を使わないことです。
「〜したい」ということは、
「今はそうなっていない」と達成できていない自分を連想するため、
達成出来ない自分が引き寄せられてしまいます。

ですから「世界旅行したい」とかではなく「世界旅行する」というような書き方をします。

無理矢理考えて、100個書きだす必要は全くありません。
まずは思い浮かんだ分をリストにして、
その後は思い浮かぶたびに追加していけばいいと思います。
心から望むこと、ワクワクすること、幸せになれることなどで100個書きましょう。

どれだけ小さなことでも、人に知られたら恥ずかしいようなことでも、
自分がワクワクして幸せな気持ちになれるようなことは
どんどん書きだしていくことがポイントです。


posted by ヒキヨセマッセ at 23:20| Comment(0) | 引き寄せの法則 やり方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月09日

ネガティブな発想はいけません

引き寄せの法則を利用するために障害となることはネガティブな発想を持つことです。
潜在意識には物事の善悪を判断する力はありません。

そのため良いイメージを連想していても、悪いイメージを連想していても
それを止めることは出来ないのです。

ネガティブな発想を持つと、不安に襲われます。
それでは引き寄せの法則は絶対に発動しません。

ネガティブな発想を持ってしまったら、何も考えないようにしましょう。

一度ネガティブになると、
どんなことを考えても全てネガティブな発想になり不安感が広がります。

ネガティブ思考になった脳は感情の波におぼれて、
物事を建設的に考えることができなくなっています。
ですから何も考えないようにするのが最も良い方法なのです。

もう1つ効果的な方法として、自分にとって気分が高まるような言葉や自分を鼓舞する言葉、
自分をほめる言葉などを口癖として連呼するという方法もあります。

意識的にこうした言葉を使うようにしていくと、脳がいいイメージを持ち、
自律神経を刺激して幸せな気分、イメージが持てるようになり気分が良くなってきます。

私たちの体は、心と直結しています。
脳の中で自分にとって快適な状態へ導く言葉だけを連呼していれば、
必ず自分の体にも心にも変化が現れてきます。

「毎日幸せだ」とか「すばらしいことだ」とかワクワクした気分になるようなこと、
楽しくなることを日頃から考えていれば、
夢、希望が生まれ気分も良くなって元気がみなぎってくるのです。

良いイメージをすることは、
引き寄せの法則を効率的に発動させるためにとても重要なことなのです。

posted by ヒキヨセマッセ at 23:11| Comment(0) | 引き寄せの法則 やり方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月08日

引き寄せの法則 注意点

効率的に引き寄せの法則を利用するために注意しなければいけないことがあります。

まず最初に知っておいていただきたいのは、
引き寄せの法則は決して妄想を叶えるために使うわけではないことです。

例えば宝くじで10億円あてたいといくらイメージしてみても、
引き寄せの法則が発動されることはありません。

引き寄せの法則では、他力本願な願いは叶えられないのです。

次に大切なことは、自ら行動することです。

いくらイメージしても、行動しなければ何も始まらず、引き寄せの法則も発動できません。
自発的に行動することによって、その副産物として偶発的に訪れる幸運がもたらされるのです。

例えば自分が起業してその会社を成功させたいと思ったとしても、
計画だけして実際に会社を起こさなければ何も始まりません。
行動に起こしてこそ、初めて幸運があなたのもとへと引き寄せられてくるのです。

そして「こうありたい」と常にイメージすることが大切です。

せっかく引き寄せられた幸運があったとしても
自分自身がこうありたいと思えるものとリンクしていなければ、幸せになることは出来ません。

「こうなりたい」と「こうありたい」は違います。
「おしゃれな洋服が欲しい」とか「素敵な結婚がしたい」とか「素敵な家に住みたい」などという思いは「こうなりたい」というものです。

それだけではなく、その先「こうありたい」とイメージしなければいけません。

「おしゃれな洋服を着て周囲を魅了したい」とか
「素敵な相手と結婚して幸せになりたい」とか
「素敵な家に住んで周囲からうらやましがられたい」などのように考えます。

自分がこの先どうなっていきたいのか、そしてどうありたいのか、
イメージを持ち続けることが大切なのです。
posted by ヒキヨセマッセ at 23:35| Comment(0) | 引き寄せの法則 やり方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
引き寄せの法則」の先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。